サーバー管理

サーバー管理

Plura サービスをインストールすると、サーバーページにサーバーの詳細情報が残され、サーバーグループの作成とサーバーの状態を変更することができます。

◆ 最新順/古い順選択
– 最新順または古い順を選択して見ることができます。

◆ サーバーグループの選択
– サーバーグループを選択することができます。

◆ オペレーティングシステムの選択
– オペレーティングシステムを選択することができます。

◆ ON/OFF 情報
– ON/OFF状態を見ることができます。
(サーバーの状態をOFFからONに変更する際にはサーバーのPluraAgentを実行しなければなりません。)

◆ すべてのエージェントの状態
– エージェントの動作/停止、あるいはすべてのエージェントの状態を確認することができます。

◆ 全体収集ログ
-すべての収集されたログを表示したり、システム、システム/ Webに分類して表示することができます。

◆ ログが発生したサーバーの表示
– 「ログが発生したサーバー」をチェックすると、ログが発生したすべてのサーバーを表示します。
(AGENTの動作状態とは関係ありません。)

 

◆ データ情報
– リストからサーバーのIPアドレスをクリックすると、以下の情報が確認できます。

:「サーバのIPアドレス」、「オペレーティングシステムのバージョンで」、「エージェントのインストール時間」

◆脆弱性検査
– 脆弱性点検するボタンをクリックすると、そのサーバーの脆弱性検査を行うことができます。(現在はCentOS、Ubuntuのみ)
– 自動実行の設定をしておけば、毎月1日に自動的にサーバの脆弱性チェックが実行されます。

– 脆弱性の点検の結果、内容とそれに伴う、対応バンアンを見ることができます。

– サーバー点検・ヒストリーを確認することができます。

◆ サーバーグループの登録
– サーバーグループを追加するには、「サーバーグループの登録」をクリックした後、グループ名を入力し、追加ボタンをクリックして追加したいサーバーを選びます。

image

image

 

– 登録完了ポップアップウィンドウが表示されたら登録完了です。

image

◆サーバーの変更
– サーバーの変更を修正するには、「環境設定のアイコン」をクリックした後、変更を修正した後、修正ボタンをクリックします。

(ex。サーバーグループ、ウェブログの同時収集、サーバーの状態を変更可能)

– ①ウェブログの同時収集は「ON / OFF」ボタンで設定可能です。(※ウェブログの同時収集は、サーバーごとの費用が追加されます。)
– ②個人情報隠し設定は、Webログの同時収集時隠したい個人情報を設定して、個人情報を保護することができます。

– サーバーの変更ポップアップが表示されたら[はい]ボタンをクリックすると、サーバーの変更が完了します。

 

◆サーバーの削除
– 必要に応じてサーバーの削除も可能です。左下「削除」ボタン」をクリックすると、そのサーバーが削除されます。

◆ サーバーグループの管理
– 追加するには、「サーバーグループの登録」をクリックした後、グループ名を入力し、追加ボタンをクリックして追加したいサーバーを選びます。
-登録されたサーバーがある場合は、サーバーグループの削除はできません。
-登録されているオペレーティングシステムとサーバーの数を一目で見ることができます。

image

 

2018-02-23T11:55:49+00:00