ダッシュボード

 

ダッシュボード

リアルタイムでハッキングログを検出して可視化するページです。
ダッシュボードに表示されるすべてのログは、まずフィルタページで、フィルタ登録をする必要があります。

ダッシュボードの上部では、「検査に必要」なシステムログ、「検査に必要」なネットワークのログ、「検査に必要」なウェブログ、防御されたログ、「検査に必要」な離脱値は、昨日報告内容は、通常のサーバー/サーバー全体の数を示しています。
「検査に必要」なログは最終検査者が検査を完了すると、カウントが減少します。

ショートカット[最終テスター登録方法]

  • 各項目別の数字をクリックすると、そのページに移動します。

↓                             ↓                              ↓                               ↓                              ↓                              ↓                              ↓

◆ システムログ/ネットワークログ/ウェブログ

– 「システムログ」を選択すると、「全体OS」のリスクを設定して、ログを表示することができます。

– 「ネットワークログ」を選択すると、「全体OS」固有のリスクを設定して、ログを表示することができます。

– ウェブログを選択すると、「予想被害度」別に分類して、ログを見ることができます。
– ウェブのログ検出攻撃タイプにはSQL Injection、XSS、WEBSHELL、LFI、RFI、HTTP Injection、SESSION、Over-Connection(過多接続)があります。
– 攻撃別、攻撃の種類を見ることができます。

◆システムログを選択する際の画面
– 分析された検出ログを「リアルタイム」グラフで表示します。

◆イベントが検出されたサーバーのIPアドレス
– Windows/ Linuxで検出されたログのサーバーを視覚化します。

◆検出されたログの詳細情報
– Windows/ Linuxで検出されたログのリストを詳細に見えます。

[システムログ]

 

[ネットワークログ]

 

[ウェブログ]

 

– ログ詳細左下に 「テスター登録」ボタンと「詳細見る」ボタンを利用して、テスターの登録とログ詳細に見ることができます。

【テスター登録完了]

【コメント書き込み機能]

– ログのさまざまな意見を交わすことができます。

◆システムログを選択する際の画面

◆ネットワークログを選択する際の画面

◆ウェブログの選択時の画面
– ハッキングの脆弱URLと攻撃予想被害も別のグラフを示しています。

 

By | 2018-05-04T09:32:40+00:00 October 11th, 2015|Categories: マニュアル|Tags: |Comments Off on ダッシュボード