統計検出

Plura すべてのサーバーのデータを分析し、価値のある情報を提供するページです。
サービスが始められた時点からのデータを分析して、特異な値が発生すると、詳細情報を表示します。
(少なくとも20日間のデータが必要)

 

◆ 離脱値
– 少なくとも20日間のデータを必要とし、主要なログの中で異常が発生した場合、離脱値で表示されます。

image

◆ 統計検出の離脱値
– 離脱値が発生すると、リストに追加されます。
– 離脱値とは、データの平均値を4等分し、最大値よりも高かったり、最小値よりも低い値を指します。

image

◆ 통統計検出
– 日付順、古い順で表示することができます。

image

– 曜日別/週末/平日などの基準を選択して見られます。

image

– 検査が必要な離脱値のみ表示されます。

image

 

◆ ボックスプロット分析
– サーバーを選択すると、左側には特異な値が発生した日を、右側にはその日付に対応するボックスプロットを示します。
– ボックスプロットとは、最大値、最小値、中央値、四分偏差を使用して、データの測定値がどのような形で分布しており、
特異な値はどうなっているのかを見せます。

image

◆ ボックスプロットの名称
– F: 離脱値
– D: 最大値
– B: 75%に位置(3四分位)
– A: 50%に位置(2四分位, 中央値)
– C: 25%に位置(1四分位)
– E: 最小値

image

◆ 検出されたログ詳細
– 検出されたログのリストを選択すると、それぞれのログに含まれた詳細を見ることができます。

image

– ログをクリックし、離脱ログを確認、離脱の値へのコメントを共有することができます。

image

– 接続したユーザーのリストを確認することができます。

image

– 右上のレポートボタンをクリックすると、レポートのページに進みます。
– 離脱値をクリックすると、レポートのページへ進みます。

image

image

 

– 統計除外を選択すると、翌日の統計から除外され、次の日に除外された離脱値に移されます。統計除外を選択したとしても、当日の変更が必要な場合、統計に含むことができます。
– 統計除外項目には、休暇/障害対応/メンテナンス/その他を選択することができます。

image

 

 

– 除外された離脱値は、統計検出に含まれておらず、次の日に除外された離脱値ページで確認することができます。

image

– 最終検査者を登録することができます。

image

 

◆ 検出されたログの内容
– 「続きを読む」ボタンをクリックすると、発生したテキストの内容を確認することができます。

image image

image

◆ バースタック(月)
– サーバーの「月」のログをグラフで示しています。

image

◆ バースタック(月)詳細
– バースタックで必要なサーバーを選択すると、それぞれのログに含まれた詳細を見られます。

image

◆ バースタック(月)テキストの内容
– 「続きを読む」ボタンをクリックすると、発生したテキストの内容を確認することができます。

image

 

 

By | 2018-01-22T15:24:28+00:00 10月 11th, 2015|Categories: マニュアル|Tags: |統計検出 はコメントを受け付けていません。