ページあたりの右上のヘルプをクリックすると、各ログの説明が案内されています。
文字列、数値でさまざまな検索が可能です。

◆ 検索方法は簡単TIP

2019-04-30T06:21:25*:2019-04-30T-6:21:25で始まるすべての情報を検索
検索追加:AND検索が可能
検索パーソナライズ:検索条件のパーソナライゼーション

◆ メニュー別検索方法は簡単TIP

フィルタ検出ページ:フィルター名、続きを読むxml基準の一部を検索可能
ログ照会ページ:続きを読むxml基準に一部検索可能
フィルタの管理:イベントタイプ、フィルター名検索可能
IPアドレスを抽出:IPアドレス、国、抽出日の検索が可能
サーバーの管理:サーバーIPアドレス、ホスト名、登録日検索可能

検索機能は、検索ボックスに探したいキーワードを入力するか、続きを読むのXMLをベースにしたいフレーズをcopy&pasteして検索することができます。
下記のような方法で検索機能を活用することができます。

◆ 文字列の検索時に、「含む」、「一致」、除外」、「含む除外」の項目の選択が可能です。

◆ 数字検索項目を選択すると、演算記号の選択が可能です。

◆ 検索条件について個人設定(適用され、配達、固定)が可能です。

– Full Logで「plura」という文字列が含まれ、logStatus値が200以上であるログの検索を固定して使用したい場合は、以下のように検索します。
– 検索個人領域で固定ボタンを選択します。

 

以下は、ログの検索に関する例です。

– 応答サイズが10000以上であり、logURI値が/wordpress/index.phpのログ検索をしたい場合は、以下のように検索します。

◆ 以下は、フィルタの検出ログの検索に関する例です。

– ログインの検出のみを表示したいときに「ログイン」という単語を入力します。
ログインに関するフィルタ検出内容を見ることができます。