You are here:--リアルタイム検出「ウェブログ」

リアルタイム検出「ウェブログ」

リアルタイムでハッキングログを検出してリストを表示するページです。
Plura Agentは、クライアントがサーバーに要求されたデータをGETメソッドとPOSTメソッドに分けログを分析し、攻撃の種類、予想被害も、攻撃目的情報、攻撃目的、脆弱パスを示しています。
検出可能な攻撃の種類は、SQL Injection、XSS、WEBSHELL、LFI、RFI、RCE、HTTP Injection、SESSION、SCAN、Over-Connection(過多接続)です。

 

◆ページごとのログができ
– ページごとに見られるログの数を50個、40個、30個、20個に設定することができます。

◆日付を選択機能
– 過去の日付を選択して、ログを見ることができます。

◆ サーバーグループの選択
– 目的のサーバーグループを選択することができます。

◆ OS(IPアドレス)を選択
– サーバー全体を表示したり、目的のサーバーのみ選択することができます。

◆すべての攻撃タイプ
– 攻撃の種類に応じて選択して見ることができます。
– 検出可能な攻撃タイプには、SQL、XSS、WEBSHELL、LFI、RFI、RCE、HTTP Injection、SESSION、SCAN、Over-Connection(過多接続)があります。

◆すべての予想被害も
– 予想被害度を上、中、下の選択して表示することができます。

◆ 防御
– -チェックボックスにチェックして、[防御に成功したログリスト]だけを見えます。

◆ 検査が必要なログを表示
-チェックボックスにチェックして、[検査が必要なログリスト]だけを見えます。

◆ 検索機能
– 探したい文字や数字を検索します。

◆ 検出されたログのリスト
– 検出されたログのリストを選択すると、全体ログが見られます。

◆ 検出されたログの詳細
– 検出されたログのリストを選択すると、それぞれのログに含まれた詳細が見られます。

– ログ詳細右下に 「検査者登録」ボタンと「詳細」ボタンをクリックして、検査者登録とログテキストの内容を見ることができます。

「検査者登録」完了

– コメントを書く機能を利用して、ログのさまざまな意見を交わすことができます。

◆ 検出されたログテキストの内容
– 「続きを読む」ボタンを選択すると、発生したログの内容が見られます。

By |2018-07-18T12:12:08+00:00February 20th, 2018|Categories: マニュアル|0 Comments

About the Author: