You are here:Home-インストールガイド-PLURA Agent Linux Srv

PLURA Agent Linux Srv

PLURA Agent 対応OS

CentOS/RHEL 6 (x64)
CentOS/RHEL 7 (x64)
CentOS/RHEL 8 (x64)
AWS AMI 2017/2018
AWS Linux AMI 2
Ubuntu 16.04 (x64)
Ubuntu 18.04 (x64)
Ubuntu 20.04 (x64)

下の内容は、CentOS7のバージョンのインストールプロセスの例です。
※ 必ずwww.plura.io右上のInstall Agentsページを確認して、インストールしてください。

◆ PLURA CentOS / Redhat Syslog インストール映像

1. Plura Agentをインストール

[[email protected]]# sudo -s[[email protected]]# curl https://repo.plura.io/v5/agent/install.sh | bash

2. ライセンスの登録と実行します。

[[email protected]]# /etc/plura/plura.sh register ****

3. インストール情報を確認します。

[[email protected]]# /etc/plura/pluraagent -version
Version: x.x.x

◆ PLURA Agent Linux Srv インストール映像

– PLURA Linux Syslog インストール映像 : http://blog.plura.jp/?p=97436
– PLURA Linux Syslog-Audit インストール映像 :http://blog.plura.jp/?p=98264
– PLURA Linux Apache|Nginx インストール映像 : http://blog.plura.jp/?p=97440
– PLURA Linux Web Server インストール映像 : http://blog.plura.jp/?p=97448


4. 追加の設定が必要な場合は以下のようにファイルを追加します。

#サーバー起動時のエージェントログイン遅延設定
login_delay_sec=0(秒)

# AWS環境でAuto Scalingの使用時に、インスタンス固有の識別子をPLURAサーバーに転送する設定(値が1のときに送信)
login_with_machine_id = 0

# 複数のネットワークインターフェイスを使用する場合PLURAウェブに表示されるIPアドレスの設定
interface = eth1(サーバー>サーバー管理リストに見える代表IPアドレスを指定)
interface_mon = eth1(サーバー>リソースの監視>ネットワークトラフィックを収集するインターフェイスの設定)

#サーバー起動時hostnameの変更に伴うログイン遅延設定
login_hostname_check = 0(default = 0)
#0>指定された遅延時間まで無条件で待つ
#1> hostnameの変更が1回検出されると、遅延停止
#2> hostnameの変更が2回検出されると、遅延停止

[[email protected]]# vi /etc/plura/conf/plura.conf

5. CentOS 6 End of Lifetime (EOL) 対応

エージェントのインストールの前に、以下のコマンドを実行

# mv /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo.org

* CentOS Product Specifications
https://wiki.centos.org/About/Product

By |2021-01-25T13:14:46+09:00July 15th, 2019|Categories: インストールガイド|0 Comments

About the Author:

Go to Top