サーバーの脆弱性検査

PLURAサービスをインストールすると、Window2008/2008r22012/2012r2、Linux Centos5/6/7 Ubunbu12/14/16サーバーの脆弱性検査を確認することができます。
脆弱点検項目のうち、Webサーバのエントリは、Apache Webサーバーのみ確認可能です。

 

◆サーバーの管理の脆弱性検査
– サーバーの管理をクリックした後、登録されたサーバーの脆弱性検査を実行することができます。
– 脆弱性点検を受けることができるサーバーに限って「点検する」ボタンを押すと、脆弱性検査が実行されます。

– 「点検する」ボタンを押すと、以下のような「ポップアップウィンドウ」が表示されます。
– 脆弱性の点検は、サーバーに応じて、最大10分かかります。
– エージェントの状態がジョンジイル場合、脆弱性のチェックサービスを利用することができません。
– エージェントのバージョンが最新でない場合、脆弱性のチェックサービスを利用することができません。


[Window 2.2.0.2 / Linux 2.2.2.1]

– 点検が終わった後、下の写真のように確認に必要な項目を確認することができます。

– クリックして、[OK]/脆弱な項目を見ることができます。
– 確認は、ユーザーが直接サーバーに入って確認する必要がありアイテムです。
– 確認/脆弱すべて対応策を確認することができます。


– 下の画像は、確認する必要があり項目の対応策です。

– 良好な項目は別にチェックした後確認することができます。

 

By |2018-11-06T10:33:55+00:00November 6th, 2018|Categories: マニュアル|0 Comments

About the Author: