リアルタイムでブロックされたIPアドレスを示してファイアウォールの設定をすることができるページです。
防御の実行をするためには、まず防御管理で防御登録をしたり、検出ページからすぐに防御を実行する必要があります。

  • 防御管理ボタンを使用して、そのページに直接アクセスできます。

 

  • ファイアウォールの設定のON/ OFFを介して、IPのブロックまたはブロック解除をすることができます。

◆ 日時順の並べ替え
– 生成日あたり日付順と古い順に並べ替えることができます。

 

◆ ページごとのログの数
– ページごとに見られるログの数を20個、30個、40個、50個に設定することができます。

 

◆ 日付/時刻の選択
– 過去の日付と時刻を選択して、ログを見ることができます。

 

◆ オペレーティングシステムの選択
– オペレーティングシステムを選択して見ることができます。

 

◆ サーバーIPアドレスを選択
– 対象のサーバーのIPアドレスを選択して見ることができます。

 

◆ 防御区分を選択
–防御アイテムを設定することができます。

 

◆ ファイアウォールの設定を選択
– ファイアウォールの設定状態を選択して見ることができます。