防御登録をしたサーバーで、ファイアウォールの設定ONの場合

リアルタイムで対応するIPアドレスをブロックしているログを確認することができます。

* Windowsの場合、OSの特性上、防御のログをサポートしていません。

◆ 日時順の並べ替え
– 生成日あたり日付順と古い順に並べ替えることができます。

 

◆ ページごとのログ数
– ページごとに見られるログの数を20個、30個、40個、50個に設定することができます。

 

◆ 日付/時刻の選択
– 過去の日付と時刻を選択して、ログを見ることができます。

 

◆ オペレーティングシステムの選択
– オペレーティングシステムを選択して見ることができます。

 

◆ サーバーのIPアドレスを選択
– 必要なサーバーのIPアドレスを選択して見ることができます。