リアルタイムでハッキングログを検出してリストを表示するページです。
PLURA Agentは、クライアントがサーバーに要求されたデータをGETメソッドとPOSTメソッドに分けログを分析し、攻撃タイプ、攻撃コード、攻撃目的、脆弱項目などを示します。
検出可能な攻撃タイプはOWASP TOP10です。

ショートカット[ウェブログ有効にする方法]

 

 

◆ 時系列の並べ替え
– 生成日あたり日付順と古い順に並べ替えることができます。

 

 

◆ ページごとのログの数
– ページごとに見られるログの数を20個、30個、40個、50個に設定することができます。

 

 

◆ 日付/時刻の選択
– 過去の日付と時刻を選択して、ログを見ることができます。

 

◆ サーバーグループの選択
– ユーザーが登録したサーバーグループを選択して見ることができます。

 

 

◆ オペレーティングシステムの選択
– オペレーティングシステムを選択して見ることができます。

 

 

◆ サーバーのIPアドレスを選択
– 必要なサーバーのIPアドレスを選択して見ることができます。

 

◆ 攻撃の種類を選択
– 攻撃タイプ別に選択して見ることができます。

 

 

◆ OWASPの選択
– OWASP TOP10に選ばれた脆弱性ごとに選択して見ることができます。

 

 

◆ リスクの選択
– リスクを選択して表示することができます。

 

 

◆ Status選択
– Statusが200であるログを選択して表示することができます。

 

 

◆ 検出されたログ詳細
– 検出されたログのリストをクリックすると、それぞれのログに含まれた詳細内容を見ることができます。

 

 

◆ 検出されたログテキストの内容
– 「ログ詳細」ボタンをクリックすると、発生したテキストの内容を確認することができます。