PLURAサービスでは、Linuxアプリケーションログを収集することができます。

例)httpd errorログをPLURAで検出する

1. conf 設定する(rsyslogを使用)
※ 79-httpd.conf → conf ファイルを作成する

# cd /etc/rsyslog.d/
# vi /etc/rsyslog.d/79-httpd.conf

2. conf ファイル作成
※ File=”ログのパス”、Tag=”タグ”、Severity=”重要度”、programname=”プログラム名”

## vi /etc/rsyslog.d/79-httpd.conf
input(type=”imfile”
File=”/var/log/httpd/error_log
Tag=”error
Severity=”info
Facility=”local7″)

if ($programname == ‘error‘) then {
action(type=”omfile” File=”/var/log/messages” Template=”RSYSLOG_SyslogProtocol23Format”)
action(type=”omfile” File=”/var/log/plura/ceelog-127.0.0.1.log” Template=”CEETemplate”)
stop
}

3. rsyslogデーモン再起動

# service rsyslog restart

4. PLURA検出確認

上記の内容を活用して、フィルタを登録すると、検出ログを確認することができます。(Syslogフィルタ登録)