1. postgresql.conf 修正

[configパス例示] /var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf
[修正例]#ERROR REPORTING AND LOGGING下部に修正
log_destination = ‘stderr’行をコメントアウト
log_destination = ‘syslog’行を追加
#These are relevant when logging to syslog:下部の次の4行のコメントを解除
#syslog_facility = ‘LOCAL0」
#syslog_ident = ‘postgres’
#syslog_sequence_numbers = on
#syslog_split_messages = on

2. PostgreSQLおよびSyslog再起動

>バージョンに応じて、サービス名異なりますのでバージョンの確認

#psql -version

[バージョン出力例] psql(PostgreSQL)9.6.15
[サービス名を確認パス例示] /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql-9.6.service
[上記の例で確認されたバージョンに基づく再起動例示] service postgresql-9.6 restart
service rsyslog restart

3. PLURAで確認

ログのサンプル 例)

上記の内容を活用して、フィルタを登録すると、検出ログを確認することができます。(Syslogフィルタ登録ショートカット)