You are here:Home-微分類-システム

システム

<システム登録フィルタ>

PLURAで収集しているシステム全体のログを利用して、
ユーザーが必要なシステムフィルタを作成することができます。

◆ システムフィルタ登録

▣ カスタムフィルタ登録 DEMO : http://blog.plura.jp/?p=98450

▶ フィルタの登録方法

1. PLURA Webページの左側のナビゲーションバーのメニューで「フィルタ>登録フィルタ」をクリックします。

2. 登録フィルタページ(システム、ウェブ、ウェブファイアウォール)で「登録」ボタンをクリックします。

3. フィルタ分類を選択します。

4. サーバーグループを選択します。

5. オペレーティングシステムを選択します。

6. チャンネルを選択します。

7. イベントタイプを選択します。

8. フィルタ名を入力します。

9. フィルタ説明を入力します。

10. フィルターリスク(高/中/低)を指定します。

11. フィルタの動作時間(24時間/時間の設定)を設定します。

– 例えば、退勤時間後から出勤時間までのフィルタ動作を確認したい場合は、「時間設定」を選択した後、希望の時間を入力します。

12. 動作を設定します。
– 下部の情報入力領域の追加ボタンをクリックすると、データ値を入力して、対応する値を含めるかまたは除外できます。

※ フィルタを登録するときは、過検出/誤検出が発生する可能性がありますので担当者と確認した後、登録することをお勧めします。

※ システムフィルタ登録例

 

◆ 検索機能
– 探したいイベントタイプ、フィルター名を検索します。


◆ 条件別にフィルタ検索

フィルタの分類、オペレーティング・システム、グループ、チャンネル、リスク、動作時間、動作オプションを選択して、必要なフィルタを見ることができます。

  • フィルタ分類別

 

  • オペレーティングシステム別

 

  • グループ別

 

  • チャンネル別

 

  • リスク別

 

  • 動作時間

 

By |2021-05-01T13:47:28+09:00May 1st, 2021|Categories: 微分類|0 Comments

About the Author:

Go to Top