PLURAサービスをインストールするとシステム管理ページにシステムの詳細情報が残るし、グループの作成とシステムの状態を変更できます。

<システム管理>

◆ システムSummary
– システムSummaryでは、登録されたシステム、動作中のシステム、正常に動作しているエージェント、Windows/ Linuxのなど、OSごとのシステム数の現状を提供しています。
– それぞれのSummary数字をクリックすると、その情報にフィルタされた情報が公開されます。

– Syslog Collectorで公開されて情報の意味は以下の通りです。


P : Parent(親), C : Child(子)

  • PLURA Syslog Collector(親) の役割

– 子(ネットワーク機器や他のシステム)のシステムのsyslogを収集
– 収集したsyslogを圧縮して暗号化してPLURAクラウドに転送

  • PLURA Syslog Collector Server 対応OSは、次のとおりです。

– CentOS/RHEL 6, 7, 8
– AWS AMI 2018
– AWS Linux AMI 2
– Ubuntu 16, 18, 20

PLURA Syslog Collectorの詳細については、以下のリンクを参照してください。
– Install Guide > SIEM > PLURA Syslog Collector Srv  : http://blog.plura.jp/?p=7186

◆ 日付順/古い順選択
– 日付順または古い順に選択して見ることができます。

◆ ライン数を選択
– ページに表示される行数を選択できます。

 

◆ グループの選択
– グループを選択できます。

 

◆ オペレーティングシステムの選択
– 希望のオペレーティングシステムを選択できます。

 

◆ システムのIPアドレスを選択
– 希望のシステムのIPアドレスを選択できます。

 

◆ 収集ログの選択
– すべて収集されたログを表示したり、システム、システム/ Webに分類して表示できます。

 

◆ 登録方法の選択
– ライセンスで登録したり、直接登録した方法を選択して見ることができます。

 

◆ 全体のログ(収集)を選択
– ログ全体の収集を状態別に選択して見ることができます。

 

◆ グループ登録
– グループを追加するには「グループ登録」をクリックしてグループ名を入力した後、追加ボタンをクリックして追加したいシステムを選択します。

– 登録完了ポップアップウィンドウが表示されたら[OK]ボタンを押すとグループ登録が完了します。

 

◆ システムの削除
– システムリスト左側のチェックボックスにチェックすると表示される「削除」ボタンをクリックしたらシステムが削除されます。