PLURAサービスに登録されたシステムで発生するすべてのイベントログが、全ログページに記録されます。
ログ全体のデータに基づいて、フィルタ登録をして、リアルタイム検出が行われます。