リアルタイムでハッキングログを検出して、攻撃を防御できるように設定するページです。
防御>設定>ウェブファイアウォールでアカウント奪取ブロック/アカウント奪取制限/データ流出防止サービスを利用することができます。
– アカウント奪取、データ流出のフィルタを設定した後ブロックサービス可能(ただし、ウェブファイアウォールライセンスを使用する場合)

  • ウェブファイアウォールの設定
    • 分類
      – 防御しようとする分類タイプを選択します。
    • 例外条件
      – 例外条件に登録されたIPは防御ができません。
    • 動作
      – 防御状態のON/ OFFで、その攻撃に対する防御を実行または終了します。
    • トゥレピク制限
      – トゥレピク制限の設定をすることができます。
      – アカウント奪取フィルターに登録されたホスト/パス対象に動作します。
      – rate、burst値は、管理>ウェブファイアウォール> Group>制限>トラフィックの制限内の設定値との同期
    • チャレンジ応答認証
      – チャレンジ応答認証の設定をすることができます。
      – アカウント脱臭フィルターに登録されたホスト/パス対象に動作します。
      – ウェブファイアウォールの設定で登録したグループが公開されます。

– アカウント奪取ブロック

– アカウント奪取制限

 

– データ流出防御